添加物が赤ちゃんや母乳へ与える影響や害と市販品の危険は?

とれたて新鮮野菜がいまならキャンペーン中↓


 

こんにちはケイです。

妊娠中、ママが口にした食べ物が胎児へ栄養となって運ばれていきます。

今まではファストフードが大好きだった人も、妊娠してから食品添加物の

多いハンバーガーやカップラーメンを控えるようになったという妊婦さんも多いはずです。

 

現在、国内に流通している加工食品や飲料には、ほぼ必ず食品添加物が使用されています。

勿論、その安全性が認められているからこそ使われているものが大多数ですが、

中には妊娠中には摂取を避けたほうがいいものもあります。

健康な赤ちゃんを産み、育てるために、そうした知識は身に付けておきましょう。

 

  メニュー

  • 食品添加物の母乳や赤ちゃんへの影響は?
  • 添加物は全てが悪なのか?
  • 悪い添加物を取り続けると…
  • 危険な食品やそれを避けるには?

 

食品添加物の母乳や赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の胎児はママの食べたもので育ちます。

ですから、妊娠中のママの食事は当然胎児に影響を与えます。

授乳中の赤ちゃんも、母乳だけで育てていれば

当然影響を受けることになりますね。

 

母乳も、ママの食べたもので作られるからです。

このように妊娠中や授乳時のママの食事は大変大事なことは

分かってもらえると思います。

 

だから、「あれを食べなさい」とか「これは食べちゃダメ」

などと言われるのです。

皆さん、おなかの赤ちゃんとママの為にしてくれる

アドバイスですね。

 

でも、あまり神経質にならないでください。

ママの食べ物は、バランスよく妊娠のステージにあった

食べ物を食べるだけで良いと思ってください。

ただし、好みだからと言ってジャンクフードを

たくさん食べすぎるのはNGですよ!

 

心配な方は検診の時に産婦人科のお医者さんに

相談して、食事内容を決めていくのが良いですよ!

赤ちゃんはママの食べたもので作られるのです!

 

 

添加物は全てが悪なのか?

食品添加物ってそもそも何でしょう?

そもそも食品添加物は、食材を加工して食品にする際、

製造工程の中で加えられるもののことを指します。

 

例えば、豆腐を作る時に使われるにがりも、食品添加物の一つですし、

菓子や飲料などに含まれる着色料、人工甘味料、化学調味料も同じです。

また妊娠中には特に摂取したい葉酸を始めとしたサプリメントにも、

この食品添加物は使われているのです。

 

つまり、加工食品にはほぼ必ず食品添加物が使用されており、

現代の食生活において、これらを全て排除した食事をするのは、

ほぼ不可能な状況であると言えます。

 

こう聞くと「じゃあ妊婦の間や、母乳育児の間は加工食品は全て食べられないってこと!?」

と思う人もいるでしょうが、それは大きな間違いです。

 

そもそも、食品に含まれる食品添加物は、人の健康に害をなすことが分かっているものに関しては、

基本的に使うことが出来ないよう、厚生労働省によって認可されたものしか使えないことになっています。

ですから、”食品添加物を含んだ食品の全て”が危険であると考えるのは早計です。

 

では何が問題なのか、というと、まず一点目として、

『食品添加物の中には、他の国では危険性が確認されているが、

日本では未だ容認されているものがある』という点なのです。

そして二点目に挙げられるのが『食品添加物の一日の摂取許容量について、

そして大量摂取を続けた時のリスクについて、多くの人が知らないままでいる』という点も、

問題点であると言えます。

 

 

だからといって、心配しすぎて「あれもダメ、これもダメ」と、

食品添加物全体を恐れてしまうのは、いいことではありません。

 

現在の日本で添加物なしの生活をしようとすると、逆に偏った食生活になる可能性が高く、

また、特に妊娠中に必要な栄養素を得ることが出来ず、妊婦自身の健康を損ねるばかりか、

胎児の発育不全を引き起こすこともあるからです。

 

大事なことは、妊娠中や授乳中は、

危険性があるとされる食品添加物のみを避けるようにする。

普段の食生活を見直し、「様々な食品をバランスよく、満遍なく」食べる、

外食は最小限にし、出来る限り自炊する。

自分、家族、そしてお腹の赤ちゃんを「危険な食品添加物」から守ることが大切です。

 

悪い添加物を取り続けると…

それでは、危険な食品添加物を摂りすぎるとどうなるのでしょうか?

当然ながら、妊娠中は胎児への影響が出ます。

例を挙げてみてみましょう。

 

◎色素

食品をおいしそうに見せるために色々な色素が使われています。

その中には、胎児の染色体異常を引き起こす可能性があると指摘されています。

赤色2号(主に含まれる食品:清涼飲料水、菓子)
赤色3号(主に含まれる食品:ハム、たらこ、かまぼこ、ベーコン)
赤色106号(主に含まれる食品:ハム、おにぎりの具、調理パン)
ショ糖脂肪酸エステル(主に含まれる食品:アイスクリーム、ケーキ、マーガリン)
安息香酸ナトリウム(主に含まれる食品:清涼飲料水、栄養ドリンク)
カラメル色素(主に含まれる食品:しょう油、ソース、菓子)

中には、日本では認可されているものの、欧米では禁止されている添加物もあります。

そう考えると怖いですね。

 

◎合成保存料や着色料

インスタント食品やファストフード、コンビニの弁当には合成保存料、

着色料などの添加物が多く含まれています。

こういった添加物を過剰摂取すると、体に蓄積され、

子どものアレルギー発症に関わる可能性があると言われているのです。

合成保存料(ソルビン酸、ソルビン酸カリウムなど):

ダウン症をはじめとした染色体異常や、胎児の催奇形性のリスクを高める

着色料(赤色2号、黄色5号など):

胎児の染色体異常、奇形性や発ガン性のリスクを高める

 

◎甘味料

砂糖よりもカロリーが低く、100倍以上の甘さを持つ添加物、アステルパーム

コンビニスイーツやダイエット飲料、シュガーレスガムに多く使われている甘味料です。

妊娠中のお母さんが過剰摂取すると、流産のリスクが高まることや、

奇形に繋がる危険性があると指摘されています。

また、アステルパームには、カルシウムの排泄量を増やしてしまう性質があるので、

カルシウムが不足になりがちな妊娠中には避けたい添加物です。

 

同じくダイエット飲料などに使われる甘味料のステビアは、人工的な甘味料でないものの、

つわりの悪化やむくみ、高血圧などの妊娠障害を招く可能性があるので、過剰摂取には注意しましょう。

このほかに、亜硝酸ナトリウムや硝酸ナトリウムなどの発色剤、

コンソメやだしの素などのうまみ調味料、

コンビニのおにぎりに多く使われるグルタミン酸ナトリウム(アミノ酸)。

柑橘類の防カビ剤などが胎児や赤ちゃんに影響を与えるとされています。

とにかく摂らないことが一番ですが、摂りすぎないことが大事です。

 

とれたて新鮮野菜がいまなら半額キャンペーン中↓


危険な食品やそれを避けるには!?

それでは、添加物がたくさん使われていたり

妊娠中や授乳中に避けたほうが良い食品は

どうして区別したらよいのでしょうか?

 

私は、安全で安心の食材や食品を取り扱っている

所から購入するのが最も良い方法と考えています。

 

特に妊娠から出産、育児とママの負担は増えるばかりで

少しでも食材や食事を楽して手に入れたいですよね!

だから宅配をお勧めしています。

 

安全で安心の美味しい食材を手に入れよう!

では、どうやって添加物の入っていない体に良い食事の為の

食材を手に入れたらよいでしょうか?

 

実は本当に助かるサービスがあるんです!

それは、通販のオイシックスです。

私も利用していますが、実際に使って見て美味しく簡単でした。

 

有機野菜や減農薬野菜のほかに、肉・魚、加工品まで

幅広く扱っていて、危険な添加物は入っていない物ばかりで、

総合力があるのがうれしかったです。

 

オイシックスのキャッチフレーズは、

Oisix(オイシックス)は作った人が自分の子供に食べさせるもののみをお届けします。

となっていて、食べても、安全・安心で美味しいので、買っています。

 

だから皆さんにもOisix(オイシックス)をおすすめします。

今ならキャンペーン中↓

 

このように私はオイシックスをすすめるのは、

赤ちゃんやお子さんに安全安心だけでなく、

家族みんなに優しい物ばかりです。

だから、家族の大きな応援団のようなのです!

 

私たちが食材を買うのに、普通は近くのスーパーが多いと思います、

しかし、忙しいママにほしい食材ばかりが並んではいません。

むしろ、避けたい食材が多い所もあるでしょう。

 

そこでおすすめなのは、宅配サービスです。

 

現在宅配サービスでもいろいろあります

「生活協同組合」

「食材・日用品の宅配」

「レシピ用食材・おかずの宅配」

などがありますね。

 

色々ある中でどんな宅配サービスが自分にあっているのでしょうか?

生活協同組合は全国展開で行っています。

特に地域密着型のサービスで独自の商品も取り扱っています。

組合員になる必要がりますし、価格は高めだが品質も高いです。

決まった曜日・時間に配達で注文は1週間前です。

 

食材・日用品の宅配(オイシックス)

食材・日用品の宅配でとにかく安全で安心でおいしい!

有機野菜・低農薬野菜・食品添加物や化学調味料無添加

ものばかりを取り扱っているので、

ママにもお子さんにも安心なものばかりです。

また最近では放射線量なども厳しくチェックしています。

 

非常に厳しい基準をクリアしたものを厳選し、新鮮なうちに届けてくれます。

スーパーに並んでいる野菜や果物よりも新鮮なので栄養価が高いうちに食べられ、

価格は高いがコスパは優秀ですし、味ももちろん美味しいので

一度利用したらなかなかやめられないようです。

 

レシピ用食材・おかずの宅配(ヨシケイ)

比較的お手ごろで良さそうですが、使われている食材が

はっきりしない所があるのが不安です。

内容は栄養バランスがとれているし、

下ごしらえをする手間が省けて、

レシピ本を見て簡単な調理をするだけです。

 

こうして比べてみると、ママが選ぶとしたらどれが良いでしょうか?

私は、実際に使って見てオイシックスが一番良かったです!

しかも、キット オイシックスは旦那さんが料理してくれました。

 

 

簡単調理です↓

 

つわりで、家事の負担を出来るだけ減らしたい時には

本当に助かりました!

 

安全で安心できる食材にこだわり、

ママの負担軽減を考えたメニューなど

本当に助かりました。

 

 

安全・安心で原材料・原産地にこだわりがある方に支持・信頼されているのが、

食品通販サイト「Oisix(オイシックス)」です。

私も食べてみて本当に美味しかったです。

しかも添加物は殆どはいっていません!

 

新鮮な物ばかりで、今畑から取ってきたばかりのようでしたよ!

 

すでに購入している人の評判は非常にいいですね!

 

 

確かに、穴あきのキャベツが入っていたりしていますし

虫もついてきちゃったなどと苦情もあるようですが

それが無農薬、有機栽培のあかしと思っています!

どうしてもいやなら、カスタマーサポートまで連絡すれば

きちんと対応してくれます。

 

あなたも是非この機会にどうぞ↓


「お試しセット」は50%オフのキャンペーン中!

50%オフのキャンペーン中です!

是非この機会に「お試しセット」をお試しください!

2000円の割引中ですよ!

 

この「お試しセット」の内容がまた凄いですよ!

まず12~15品目の商品がドドッと入っています!

 

その1

たった20分で夕飯が出来ちゃう、ミールキットが2人前入っています。

主菜のジューシーそぼろとビビンバ

副菜は小ねぎとノリの韓国風スープ

その2

富山県産「あめトマト」

本当に甘くておいしいトマトと評判です!

その3

人気NO1の「たつやのニンジン」

焼くだけで食卓の主役!

その甘さぶっ飛び!です。

子供がはまるおいしさ!

その4

驚きの「塩玉ねぎ!?」

フルーティーでジューシーな初めての玉ねぎ!

これ以外にも魅力の食材がぎっしりです!

※商品は季節により変わることがあります。

事前にお確かめください!

 

こんなキャンペーンもやっていますよ!

 

商品に自信があるから、

満足できないお客様には「全額返還」をやっているのですね。

 

気になったらここからどうぞ↓


 

おすすめの記事