妊婦の食事にNGな食材は?気をつけたい良いもの・悪いもの

お試しセットがキャンペーン中↓

オイシックス公式サイト

※サイトに入ったら左上「お試しセット」をクリックしてくださいね!

 

こんにちはケイです。

妊娠に気が付いた方、おめでとうございます。

また、今妊活中の将来のママさん予定の人にも

少し気になる事をお届けしますね。

 

おなかの赤ちゃんの体は妊婦さんが食べたものを栄養としてつくられていきます。

だから妊娠中の食べ物には妊娠前よりいっそう気を配り食べたいですよね。

 

普段と同様、バランスのとれた食事が一番ですが、

普段よりも意識して摂るべき栄養素や、

逆に妊娠中は避けた方がよいNGな食べ物があります。

 

 

妊婦さん自身とおなかの赤ちゃんの健康を守るために、

妊娠中の食事の基本的なことを知っておきましょう。

 

妊娠中に妊婦さんの食事で注意したいことは、

妊婦さんの場合は胎盤を通しておなかの赤ちゃんに届くことで、

普通の大人が食べたり飲んだりしても大丈夫なものでも、

赤ちゃんの成長や発達に影響を及ぼす可能性があることです。

 

また、妊娠中は完全に避けた方がよいものと、

一定量を超えて食べ過ぎない方がよいものがあります。

人生の中で妊娠中(授乳中を含む場合もあり)は限られた、

とても大切な期間です。

 

妊婦さん自身の好物で「食べたい」「飲みたい」と

思うこともあるかもしれませんが、

おなかの赤ちゃんの健康を第一に考えて、

食品や飲み物を選んでいきましょう。

 

このように妊婦さんに必要な食べ物、避けたい食べ物のお話を

これからしていきますね!

お役に立つことを祈っています。

    

 メニュー   

  • 妊婦がNGな食べ物はある?
  • 妊婦さんにしっかり食べて欲しいもの
  • 食材選び以上に大切なのは食材の“質”
  • 栄養のきちんと摂れる食材を選ぶべき

 

妊婦がNGな食べ物はある?

まず考えてほしいのは、現在妊娠中か、妊活中か?です。

妊娠中なら当然ですが、妊活中でも控えてほしい食べ物や

飲み物を上げてみたいと思います。

 

◎アルコール

胎児の成長や発達に影響を与える可能性があるため、

妊娠中のアルコールはNGが大原則です。

赤ちゃんに影響を及ぼす先天性疾患の一つに、

胎児性アルコール症候群(FAS)があります。

 

どうしても欲しければ、アルコール0%のノンアルコールの

ビールやワインもあるので、上手に利用しながら雰囲気を楽しみましょう。

ただ、ノンアルコールと言っても、ごく少量含んでいるものもあるので

確かめてから飲んでくださいね。

 

◎栄養ドリンク

すべてがNGではありませんが、種類によってカフェインやアルコールが入ってたり、

カロリーの高いものが多く過剰摂取になってしまします。

また、添加物がはっきりしないものも含まれている可能性があります。

妊娠中は飲まない方がよいでしょう。

必ず製品の成分を確認しましょう。

 

◎刺身(生魚)・生の魚卵

妊娠中に妊婦さんが食中毒を起こすと胎児に悪影響を与えます。

食中毒を防ぐために、生魚はNGです。だからお寿司もがまん

火を通せば大丈夫なので、魚や魚卵を食べる際は焼く、

煮るなど必ず十分に火を通しましょう。

 

◎生卵

生魚同様に妊婦さんが食中毒を起こすと下痢や嘔吐の症状が出て、

胎児に影響を与える可能性があるため、生卵は避けましょう。

卵焼きなど、十分に加熱して調理したものを食べましょう。

 

◎生肉(ユッケ、レアステーキ、生ハムなど)

妊娠中は特に、リステリア菌に感染しやくすくなり、

胎盤を通して赤ちゃんにも届きやすく、

リステリア菌に感染すると、菌は腸管から全身に広がり、

脳や骨髄に重篤な症状を引き起こします。

 

リステリア食中毒が胎児に悪影響を与えるため、

生肉やしっかりと加熱のされていない肉や

加工品は食べないようにしましょう。

食べる際は必ず中まで十分に火を通してください。

 

◎ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズとは加熱処理されていないチーズのこと。

生肉同様、リステリア菌を含んでいる可能性があるため、

妊娠中はそのまま食べないようにしましょう。

ピザにするなど、加熱する調理法で使う場合は大丈夫です。

プロセスチーズは加熱処理されているので食べても大丈夫です。

 

妊婦さんにしっかり食べて欲しいもの

妊娠初期や、妊活中の方に絶対摂ってほしい栄養素があることが

もうすでに知っている方が多いと思います。

 

妊娠初期とは、主に妊娠が判明する、

妊娠2ヶ月(5週目)から妊娠4ヶ月(15週)までの時期のことをいいます。

この期間はお母さんに様々な症状が訪れます。

 

個人差はありますが、特に「つわり」では、吐き気や食欲減退、

味覚が変わるなどといったことが起こります。

つわりは妊娠15週(4ヶ月目)頃に治まりますが、

その期間中も赤ちゃんのために栄養を摂らなければなりません。

 

それでは妊娠初期に摂りたい栄養素や食べ物を

見ていきましょう。

 

◎葉酸

赤ちゃんを望む女性ならいろいろなところで聞いている栄養素ですね。

特に妊娠を希望している時から摂っていただきたいものです。

 

それは、葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。

細胞分裂に不可欠で、妊娠前や妊娠初期に十分に摂取することで、

神経管の先天異常の発症リスクを低下させる効果があるといわれているからです。

 

産後も葉酸をしっかりとることで子宮の回復や母乳の質をサポートします。

体に吸収されづらく加熱調理にも弱いという特性があるので、

新鮮な野菜や果物などは生で食べる工夫をし、

基本的には食事から摂り入れることをおすすめします。

 

≪葉酸を多く含む食べ物≫
・ほうれん草
・ブロッコリー
・大豆製品
・いちご
・えのき など

 

◎カルシウム

赤ちゃんの骨や歯を作るため、妊娠中は普段よりカルシウムの摂取が必要となります。

不足してしまうと、赤ちゃんの骨や歯を弱らせてしまうことはもちろん、

お母さんの骨密度が低下してしまい、肩こりや腰痛の原因にもなります。

≪カルシウムを多く含む食べ物≫
・小松菜などの緑黄色野菜
・小魚類
・干しエビ
・乳製品(牛乳、ヨーグルト)など

 

◎鉄分

赤ちゃんの体が作られるとともに、血液もどんどん必要になります。

鉄分が不足すると、イライラや立ちくらみ、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。

低体重の赤ちゃんが産まれるリスクも高まりますので、積極的にとりましょう。

とくに妊娠中期以降は、普段の3倍の鉄分が必要といわれています。

また鉄分が不足するとお母さんが貧血になりやすくなるほか、

赤ちゃんに酸素がいきわたらなくなってしまうこともあるため気をつけましょう!

≪鉄分を多く含む食べ物≫
・あさり
・かつお
・小松菜
・納豆 など

 

◎ビタミン

妊娠中には、積極的に摂るべきビタミンと過剰摂取を避けるべきビタミンがあります。

妊娠中に積極的に摂るべきビタミンは以下の通りです。

ビタミンB12 ・葉酸と共にヘモグロビンを作る。
・煮干し・カツオ節などに含まれる。
ビタミンB6 ・皮膚や粘膜を丈夫にする。つわり軽減の作用もある。
・バナナ・鶏肉などに多く含まれる。
ビタミンC ・免疫力を上げる。鉄分の吸収を助ける。
・みかん・パセリ・ブロッコリーなどに多く含まれる。

 

過剰摂取を控えるべきビタミン
妊娠中に過剰摂取を控えたいビタミンは以下の3つです。

ビタミンA ・皮膚や粘膜、目を丈夫にする。免疫力を上げる。
・緑黄色野菜・牛レバー・うなぎなどの食材に多く含まれる。
・体内に溜まりやすく、蓄積すると赤ちゃんの奇形リスクが高まる
ビタミンD ・カルシウムの吸収を助ける。
・鮭・しいたけなどに多く含まれる。
・摂りすぎると食欲不振・下痢などに陥る。
ビタミンK ・血液凝固作用、骨粗しょう症の予防。
・納豆・モロヘイヤなどに多く含まれる。
・過剰摂取により赤ちゃんに黄痰が表れる場合がある。

どれも過剰摂取しなければ身体にいい栄養素です。

 

◎DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸

食事からとらなければ体内で作れない必須脂肪酸であるDHAやEPAも、

赤ちゃんの発育にとても大切な栄養です。

DHAは脳の神経細胞の働きを活発にし、赤ちゃんの脳の発育に影響します。

また、血液をサラサラにする作用があり、

ママから赤ちゃんへの栄養の受け渡しをスムーズにします。

DHA・EPAが多い食材
イワシ、カツオ、サケ、サバ、サンマ、ブリ、ハマチ

 

◎食物繊維

妊娠初期は便秘になりやすいため、食物繊維を意識的に摂りましょう。

食物繊維には、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と水に溶けにくい「不溶性食物繊維」があります。

両方の食物繊維をバランスよく摂りましょう。

≪食物繊維を多く含む食べ物≫
・水溶性食物繊維:バナナ、オクラ、納豆など
・不溶性食物繊維:玄米、さつまいも、大豆、しめじなど

 

◎タンパク質

赤ちゃんの血液や筋肉、身体の主要部分を作る上で欠かせないのがタンパク質です。

≪タンパク質を多く含む食べ物≫
・肉類(牛・豚・鶏など)
・卵
・魚介類
・大豆製品

※どれか一つに偏ることなく、まんべんなくバランスの良い食生活で

これらの栄養素を摂れるよう心がけましょう。

つわりで食べられない場合は、無理に栄養を摂ろうとせず、

間食で栄養のあるものを意識しましょうね!

参考:https://veramagazine.jp/article/food-pregnancy

気になる方はお試しセット↓

オイシックス公式サイト

※サイトに入ったら左上「お試しセット」をクリックしてくださいね!

食材選び以上に“質”も気にしないと危険です!

上記で説明した栄養素をしっかりと毎日とることは大変だと思いませんか?

これらを正しく摂取するだけでも大変ですが、

実はスーパーで普段買い物している食材だけを選んでいるようでは危険な場合もあるんです。

 

◎水銀の食べ方と影響

例えばお魚ですが、DHA・EPAが多い食材で是非食べてほしいのですが

近海でとれたお魚は注意が必要です。

特に湾内でとれる魚はその地域の海水や海底の性質で

水銀などの有害物質が微量でも含まれていることがあります。

 

また、水銀を含む魚として、「水銀を含む魚!?」とちょっと驚くかもしれませんが、

水銀は自然界に微量に存在しています。

それを取り込んだ小さな魚を大きな魚が食べることで、

大きな魚には水銀が比較的多く含まれているのです。

 

それらの魚を妊婦さんが大量に食べた場合、胎児の発達に影響を与えることが指摘されています。

そのため、厚生労働省でも以下の魚について、妊娠中の摂取量の基準を定めています。

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、
ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ…1回80gを週2回まで

キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチ(メバチマグロ)、
エッチュウバイガイ、マッコウクジラ…1回80gを週1回まで

*80gは切り身1切れぐらいの大きさ。

※コビレゴンドウ、バンドウイルカは水銀量が多いため、妊娠中は避けた方がよいでしょう。

 

 

マグロやメカジキなどメチル水銀を比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると、

生まれた子の運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが増すことが、

東北大チームの疫学調査で分かった。

との報告があるくらいです。

出典:https://mainichi.jp/articles/20161128/k00/00m/040/119000c

 

◎野菜の食べ方と影響

また、スーパーやコンビニの野菜には、基準内とは言え

農薬が残存していることがあります。

そして輸入されたレモンなどの柑橘類には農薬や防カビ材

危険な物がたくさん使われています。

 

一見きれいで美味しそうな物でも、その表皮や内部まで浸透しているものが

多く見られます。

日本の果物にも多くの農薬が使用されています。

無農薬と表示されていない物は

殆どが農薬を使っていると考えたほうが良いでしょう!

 

スーパーなどのお店で売っているお魚や、野菜を普通の人が

食べても殆ど問題にはなません。

 

問題なのは妊婦さんが食べることです。

妊婦さんが食べた微量の有害物質でも成長中のおなかの赤ちゃんに

影響が及ぶことがあります。

 

厚生労働省の調査では、ソバや小麦粉、卵などの食物アレルギーの

児童生徒数が約45万人で全体の4.5%程、

ここ10年で2倍程度に増えているようなんです。

 

これも妊娠中の母体の食事が胎児に影響している可能性も

多少あることが判っていて、農薬の可能性や添加物の多い

食事を多く取っている家庭では発症率が高くなっていますね。

 

とれたて新鮮野菜がいまならキャンペーン中↓

安全で安心の食材を手に入れよう!

では、どうやって妊婦さんと赤ちゃんに良い食事の為の

食材を手に入れたらよいでしょうか?

実は妊婦さんに助かるサービスがあるんです!

 

それは、通販のオイシックスです。

私も利用していますが、実際に使って見て美味しく簡単でした。

有機野菜や減農薬野菜のほかに、肉・魚、加工品まで

幅広く扱っていて総合力があるのがうれしかったです。

 

 

オイシックスのキャッチフレーズは、

Oisix(オイシックス)は作った人が自分の子供に食べさせるもののみをお届けします。

となっていて、食べても、安全・安心で美味しいので、

買っています。

だから皆さんにもOisix(オイシックス)をおすすめします。

 

このように私はオイシックスをすすめるのは、

特に妊婦さんの大きな応援団のようなのです!

赤ちゃんに安全安心だけでなく、妊婦さんに優しいのです。

 

私たちが食材を買うのに、普通は近くのスーパーが多いと思います、

しかし、妊娠中にほしい食材ばかりが並んではいません。

むしろ、避けたい食材が多い所もあるでしょう。

 

そこでおすすめなのは、宅配サービスです。

現在宅配サービスでもいろいろあります、

「生活協同組合」

「食材・日用品の宅配」

「レシピ用食材・おかずの宅配」

などがありますね。

 

色々ある中でどんな宅配サービスがおすすめなのでしょうか

生活協同組合は全国展開で行っています。

特に地域密着型のサービスで独自の商品も取り扱っています。

組合員になる必要がりますし、価格は高めだが品質も高いです。

決まった曜日・時間に配達で注文は1週間前です。

 

食材・日用品の宅配(オイシックス)

食材・日用品の宅配でとにかく安全で安心でおいしい

どれも有機野菜・低農薬野菜・食品添加物や化学調味料無添加

ものばかりを取り扱っているので、

お母さんにもお腹の赤ちゃんにも安心なものばかりです。

また最近では放射線量なども厳しくチェックしています。

 

非常に厳しい基準をクリアしたものを厳選し、新鮮なうちに届けてくれます。

スーパーに並んでいる野菜や果物よりも新鮮なので栄養価が高いうちに食べられ、

価格は高いがコスパは優秀ですし、味ももちろん美味しいので

一度利用したらなかなかやめられないようです。

 

レシピ用食材・おかずの宅配(ヨシケイ)

比較的お手ごろで良さそうですが、使われている食材が

はっきりしない所があるのが不安です。

内容は栄養バランスがとれてるから安心ですし、

下ごしらえをする手間が省けて、

レシピ本を見て簡単な調理をするだけです。

 

こうして比べてみて、妊婦さんが選ぶとしたらどれが良いでしょうか?

私は、オイシックスが一番良かったです!

しかも、キット オイシックスは旦那さんが料理してくれました。

 

つわりで、家事の負担を出来るだけ減らしたい時には

本当に助かりました!

 

安全で安心できる食材にこだわり、

妊婦さんの負担軽減を考えたメニューなど

本当に助かりました。

 

 

安全・安心で、原材料・原産地にこだわりがある方に支持・信頼されているのが、

食品通販サイト「Oisix(オイシックス)」です。

私も食べてみて本当に美味しかったです。

 

ほうれんそうなんて今畑から抜いて来たばかりのようでしたよ!

 

すでに購入している人の評判は非常にいいですね!

 

確かに、穴あきのキャベツが入っていたりしていますし

虫もついてきちゃったなどと苦情もあるようですが

それが無農薬、有機栽培のあかしと思っています!

 

どうしてもいやなら、カスタマーサポートまで連絡すれば

きちんと対応してくれます。

 

 

あなたも是非この機会にどうぞ↓



「お試しセット」は50%オフのキャンペーン中!

50%オフのキャンペーン中です!

是非この機会に「お試しセット」をお試しください!

2000円の割引中ですよ!

 

この「お試しセット」の内容がまた凄いですよ!

まず12品目の商品がドドッと入っています!

 

 

その1

たった20分で夕飯が出来ちゃう、ミールキットが2人前入っています。

・主菜のジューシーそぼろとビビンバ

・副菜は小ねぎとノリの韓国風スープ

 

その2

富山県産「あめトマト」

本当に甘くておいしいトマトと評判です!

 

その3

人気NO1の「たつやのニンジン」

焼くだけで食卓の主役!

その甘さぶっ飛び!です。

子供がはまるおいしさ!

 

その4

驚きの「塩玉ねぎ!?」

フルーティーでジューシーな初めての玉ねぎ!

これ以外にも魅力の食材がぎっしりです!

※商品は季節により変わることがあります。

事前にお確かめください!

 

こんなキャンペーンもやっていますよ!

商品に自信があるから、

満足できないお客様には「全額返還」をやっているのですね。

気になったらここからどうぞ↓


おすすめの記事