妊婦さんが食べてはいけない食事はこれ!赤ちゃんに与える悪影響は?

いまなら「お試しセット」キャンペーン中↓
公式サイト オイシックス!

 

こんにちはケイです。

妊娠された方、おめでとうございます。

嬉しくも不安の日々を贈られているでしょう。

そんな方や、今妊活中の将来のママさん予定の人にも

少し気になる事をお届けしますね。

 

おなかの赤ちゃんの体は妊婦さんが食べたものを栄養としてつくられていきます。

だから妊娠してからの食べ物には妊娠前よりいっそう気を配り食べたいですよね。

妊娠していなかった頃は、食べたい物であれば何でも食べていたと思います。

ですが、妊娠期間中は食べる際に注意すべき食品が存在します。

 

普段と同様、バランスのとれた食事が一番ですが、

普段よりも意識して摂るべき栄養素や、

逆に妊娠中は避けた方がよい食べ物があるのです。

 

妊婦さん自身とおなかの赤ちゃんの健康を守るために、

妊娠中の食事の基本的なことを知っておきましょう。

 

妊娠中に妊婦さんの食事で注意したいことは、

妊婦さんの場合は胎盤を通しておなかの赤ちゃんに届くことで、

普通の大人が食べたり飲んだりしても大丈夫なものでも、

赤ちゃんの成長や発達に影響を及ぼす可能性があることです。

 

 

また、妊娠中は完全に避けた方がよいものと、

一定量を超えて食べ過ぎない方がよいものがあります。

人生の中で妊娠中(授乳中を含む場合もあり)は限られた、

とても大切な期間です。

 

妊婦さん自身の好物で「食べたい」「飲みたい」と

思うこともあるかもしれませんが、

おなかの赤ちゃんの健康を第一に考えて、

食品や飲み物を選んでいきましょう。

 

このように妊婦さんに必要な食べ物、避けたい食べ物のお話を

これからしていきますね!

お役に立つことを祈っています。

 

    メニュー

  • 妊婦さんの食べてはいけない食事
  • 妊婦さんが食べるとどうなるの?
  • 妊婦さんにおすすめの食事
  • 妊婦さんがにすすめる食材は
  • おすすめ食材の手に入れ方

 

 

妊婦さんの食べてはいけない食事

妊娠期間中、どのような料理や素材に気をつけた方がいいのかを

知っておく事が大切です。

妊娠したら、控えてほしい食べ物や飲み物を上げてみたいと思います。

 

 

 

◎アルコール

胎児の成長や発達に影響を与える可能性があるため、

妊娠中のアルコールはNGが大原則です。

 

どうしても欲しければ、アルコール0%のノンアルコールの

ビールやワインもあるので、上手に利用しながら雰囲気を楽しみましょう。

ただ、ノンアルコールと言っても、ごく少量含んでいるものもあるので

確かめてから飲んでくださいね。

 

◎栄養ドリンク

すべてがNGではありませんが、種類によってカフェインやアルコールが入ってたり、

添加物がはっきりしないものも含まれている可能性があります。

妊娠中は飲まない方がよいでしょう。

必ず製品の成分を確認しましょう。

◎刺身(生魚)・生の魚卵

妊娠中に妊婦さんが食中毒を起こすと胎児に悪影響を与えます。

食中毒を防ぐために、生魚はNGです。だからお寿司もがまん。

火を通せば大丈夫なので、魚や魚卵を食べる際は焼く、

煮るなど必ず十分に火を通しましょう。

 

◎生卵

生魚同様に妊婦さんが食中毒を起こすと下痢や嘔吐の症状が出て、

胎児に影響を与える可能性があるため、生卵は避けましょう。

卵焼きなど、十分に加熱して調理したものを食べましょう。

 

◎生肉(ユッケ、レアステーキ、生ハムなど)

妊娠中は特に、リステリア菌に感染しやくすくなり、

胎盤を通して赤ちゃんにも届きやすく、

リステリア食中毒が胎児に影響を与えるため、

生肉やしっかりと加熱のされていない肉や

加工品は食べないようにしましょう。

食べる際は必ず中まで十分に火を通してください。

 

◎ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズとは加熱処理されていないチーズのこと。

生肉同様、リステリア菌を含んでいる可能性があるため、

妊娠中はそのまま食べないようにしましょう。

ピザにするなど、加熱する調理法で使う場合は大丈夫です。

プロセスチーズは加熱処理されているので食べても大丈夫です。

妊婦さんが食べるとどうなるの?

妊婦さんが食べ続けたり飲み続けたりすると

胎児に影響が出ることがわかっています。

 

◎アルコール

「一杯くらいなら・・・」という感覚で、妊娠中に毎日の飲酒が習慣化してしまうと、

アルコール分が胎盤を通して赤ちゃんへ送られてしまい、

「胎児性アルコール症候群(FAS)」という先天性疾患を発症してしまいます。

胎児性アルコール症候群(FAS)は、妊娠中の摂取頻度や摂取量によっても

症状の重さは変わってくるようです。

「胎児性アルコール症候群」とは・・・神経系脳障害の一種で精神発達の遅延や行動異常、

                 小頭症などをひき起こします。

 

◎生の魚介類

妊娠中は免疫力が低下しているため、生ものに付着しているウイルス

よって食中毒に陥りやすい状況にあります。

生の魚介類で一番心配なのは、生牡蠣などに存在する「ノロウイルス」です。

近年では耳にする事が増えたのでご存知の方が多いのではないでしょうか。

感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こします。

 

妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にすることで食中毒のリスクを減らすことができます。

参照:厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」

 

◎生肉

生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは、

「O-157」と「トキソプラズマ」です。

「O-157」に関しては、毎年といってもいいほどニュースなどで話題になるので

ほとんどの方が知っているのではないかと思われます。

「O-157」は、家畜の糞便に含まれており、何らかの原因でお肉などの食品に付着し、

それを生で食べてしまう事で感染します。

 

症状は、下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、

症状が重い方だと痙攣や脳症を引き起こす事があります。

「トキソプラズマ」は、豚・羊肉・鹿やネコの糞などにいる寄生虫です。

「O-157」と違って、過去にトキソプラズマに感染した事がなく

免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、

胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)がのこる可能性が

あると言われています。

 

割合としては、妊娠時期にもよりますが10~70%の割合で

胎児に感染するとされています。

トキソプラズマは感染者本人には症状がほとんどなく、

まれに風邪のような症状がでる方やリンパ節が腫れる方がいます。

参照:平成27年度「母子感染の予防と対策」研修会【母子感染の基礎知識 先天性トキソプラズマ感染】

 

「O-157」「トキソプラズマ」ともに、加熱処理をしっかりと行えば死滅するので、

妊娠中はしっかりと加熱処理が行われたものを口にするようにしましょう。

 

◎魚介類の水銀

栄養満点なマグロには、胎児へ影響を与える可能性があると言われている

「メチル水銀」がわずかですが含まれています。

「メチル水銀」は、便と一緒に少しずつ体外へ排出される仕組みになっており、

普通の食生活の範囲内であれば健康被害が起こることもないと言われています。

 

しかし、妊娠期間中にメチル水銀を含む魚介類を大量に摂取してしまうと、

胎盤を通して胎児へメチル水銀が送られます。

胎児は体内に取り込んだ「メチル水銀」を排出する事ができない為に

「メチル水銀」の影響を受けやいと言われています。

 

メチル水銀の影響を受けた胎児は、神経系の発達に影響が出るとの報告があります。

赤ちゃんが生まれた後に、音を聴いた際の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるなどの

症状があげられており、将来の社会生活に支障を来すほどの重篤なものではないと言われています。

参照:厚生労働省「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて」

妊娠中のマグロ摂取は、厚生労働省により「週に一回80グラムまで」が望ましいとされています。

マグロ以外にもクジラやイルカなどもメチル水銀を含んでいます。

注意して食べるようにしましょう。

 

◎生卵

卵は販売会社によっては綺麗に洗浄されないまま販売されている事があります。

その場合、卵の殻には「サルモネラ菌」が付着している事があり、

卵を生で食べる(卵かけごはんなど)際、殻に付着した「サルモネラ菌」によって

感染してしまう事があります。

 

「サルモネラ菌」に感染してしまうと、悪心・嘔吐・腹痛・下痢・発熱などの症状が現れます。

生卵以外にも、加熱が不十分な肉類や低温殺菌処理が行われていない乳製品、

ペットの糞などにも「サルモネラ菌」が存在している事があります。

「サルモネラ菌」が直接胎児に影響する事はありませんが、

下痢による腹痛などで子宮が収縮し、流産や切迫早産につながる可能性もありますので

十分に気をつけましょう。

 

妊婦さんにおすすめの食事

妊娠初期や、妊活中の方に絶対摂ってほしい栄養素があることが

もうすでに知っている方が多いと思います。

 

妊娠初期とは、主に妊娠が判明する、

妊娠2ヶ月(5週目)から妊娠4ヶ月(15週)までの時期のことをいいます。

この期間はお母さんに様々な症状が訪れます。

個人差はありますが、特に「つわり」では、吐き気や食欲減退、

味覚が変わるなどといったことが起こります。

 

つわりは妊娠15週(4ヶ月目)頃に治まりますが、

その期間中も赤ちゃんのために栄養を摂らなければなりません。

それでは妊娠初期に摂りたい栄養素や食べ物を

見ていきましょう。

 

◎葉酸

赤ちゃんを望む女性ならいろいろなところで聞いている栄養素ですね。

特に妊娠を希望している時から摂っていただきたいものです。

それは、葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。

 

細胞分裂に不可欠で、妊娠前や妊娠初期に十分に摂取することで、

神経管の先天異常の発症リスクを低下させる効果があるといわれているからです。

産後も葉酸をしっかりとることで子宮の回復や母乳の質をサポートします。

 

体に吸収されづらく加熱調理にも弱いという特性があるので、

新鮮な野菜や果物などは生で食べる工夫をし、

基本的には食事から摂り入れることをおすすめします。

≪葉酸を多く含む食べ物≫
・ほうれん草
・ブロッコリー
・大豆製品
・いちご
・えのき など

◎カルシウム

赤ちゃんの骨や歯を作るため、妊娠中は普段よりカルシウムの摂取が必要となります。

不足してしまうと、赤ちゃんの骨や歯を弱らせてしまうことはもちろん、

お母さんの骨密度が低下してしまい、肩こりや腰痛の原因にもなります。

≪カルシウムを多く含む食べ物≫
・小松菜などの緑黄色野菜
・小魚類
・干しエビ
・乳製品(牛乳、ヨーグルト)など

 

◎鉄分

赤ちゃんの体が作られるとともに、血液もどんどん必要になります。

鉄分が不足すると、イライラや立ちくらみ、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。

低体重の赤ちゃんが産まれるリスクも高まりますので、積極的にとりましょう。

とくに妊娠中期以降は、普段の3倍の鉄分が必要といわれています。

また鉄分が不足するとお母さんが貧血になりやすくなるほか、

赤ちゃんに酸素がいきわたらなくなってしまうこともあるため気をつけましょう!

≪鉄分を多く含む食べ物≫
・あさり
・かつお
・小松菜
・納豆 など

◎ビタミン

妊娠中には、積極的に摂るべきビタミンと過剰摂取を避けるべきビタミンがあります。

妊娠中に積極的に摂るべきビタミンは以下の通りです。

ビタミンB12 ・葉酸と共にヘモグロビンを作る。
・煮干し・カツオ節などに含まれる。
ビタミンB6 ・皮膚や粘膜を丈夫にする。つわり軽減の作用もある。
・バナナ・鶏肉などに多く含まれる。
ビタミンC ・免疫力を上げる。鉄分の吸収を助ける。
・みかん・パセリ・ブロッコリーなどに多く含まれる。

過剰摂取を控えるべきビタミン

妊娠中に過剰摂取を控えたいビタミンは以下の3つです。

ビタミンA ・皮膚や粘膜、目を丈夫にする。免疫力を上げる。

・緑黄色野菜・牛レバー・うなぎなどの食材に多く含まれる。
・体内に溜まりやすく、蓄積すると赤ちゃんの奇形リスクが高まる
ビタミンD ・カルシウムの吸収を助ける。・鮭・しいたけなどに多く含まれる。
・摂りすぎると食欲不振・下痢などに陥る。
ビタミンK ・血液凝固作用、骨粗しょう症の予防。
・納豆・モロヘイヤなどに多く含まれる。
・過剰摂取により赤ちゃんに黄痰が表れる場合がある。

どれも過剰摂取しなければ身体にいい栄養素です。

 

◎DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸

食事からとらなければ体内で作れない必須脂肪酸であるDHAやEPAも、赤ちゃんの発育にとても大切な栄養です。

DHAは脳の神経細胞の働きを活発にし、赤ちゃんの脳の発育に影響します。

また、血液をサラサラにする作用があり、ママから赤ちゃんへの栄養の受け渡しをスムーズにします。

DHA・EPAが多い食材
イワシ
カツオ
サケ
サバ
サンマ
ブリ
ハマチ

◎食物繊維

妊娠初期は便秘になりやすいため、食物繊維を意識的に摂りましょう。

食物繊維には、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と水に溶けにくい「不溶性食物繊維」があります。

両方の食物繊維をバランスよく摂りましょう。

≪食物繊維を多く含む食べ物≫
・水溶性食物繊維
…バナナ、オクラ、納豆など
・不溶性食物繊維
…玄米、さつまいも、大豆、しめじなど

◎タンパク質

赤ちゃんの血液や筋肉、身体の主要部分を作る上で欠かせないのがタンパク質です。

≪タンパク質を多く含む食べ物≫
・肉類(牛・豚・鶏など)
・卵
・魚介類
・大豆製品

※どれか一つに偏ることなく、まんべんなくバランスの良い食生活でこれらの栄養素を摂れるよう心がけましょう。

つわりで食べられない場合は、無理に栄養を摂ろうとせず、間食で栄養のあるものを意識しましょうね!

参考:https://veramagazine.jp/article/food-pregnancy

いまなら「お試しセット」キャンペーン中↓

妊婦さんがにすすめる食材は

食材選びに大切なのは食材の“質”ですね。

これまで、妊婦さんの必要な栄養素をや食べ物を見てきましたが、

その食材はどんなものでもよいと考えてはいけないと言います。

 

それは、その食材に思わぬものが含まれていることが意外と多いのです。

例えばお魚ですが、DHA・EPAが多い食材で是非食べてほしいのですが

近海でとれたお魚は注意が必要です。

 

特に湾内でとれる魚はその地域の海水や海底の性質で

水銀などの有害物質が微量でも含まれていることがあります。

また、水銀を含む魚として、「水銀を含む魚!?」とちょっと驚くかもしれませんが、

水銀は自然界に微量に存在しています。

 

それを取り込んだ小さな魚を大きな魚が食べることで、

大きな魚には水銀が比較的多く含まれているのです。

 

それらの魚を妊婦さんが大量に食べた場合、胎児の発達に影響を与えることが指摘されています。

そのため、厚生労働省でも以下の魚について、妊娠中の摂取量の基準を定めています。

 

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、
ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ…1回80gを週2回まで

キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチ(メバチマグロ)、
エッチュウバイガイ、マッコウクジラ…1回80gを週1回まで

*80gは切り身1切れぐらいの大きさ。

※コビレゴンドウ、バンドウイルカは水銀量が多いため、妊娠中は避けた方がよいでしょう。

 

また、スーパーやコンビニの野菜には、基準内とは言え

農薬が残存していることがあります。

そして輸入されたレモンなどの柑橘類には農薬や防カビ材

危険な物がたくさん使われています。

 

一見きれいで美味しそうな物でも、その表皮や内部まで浸透しているものが

多く見られます。

日本の果物にも多くの農薬が使用されています。

無農薬と表示されていない物は

殆どが農薬を使っていると考えたほうが良いでしょう!

 

だから、普段なら体に影響を与えない量でも、

妊娠中はおなかの赤ちゃんの事を考えて

食材の質も考えて選びましょう!

 

おすすめ食材の手に入れ方

では、どうやって妊婦さんと赤ちゃんに良い食事の為の

食材を手に入れたらよいでしょうか?

実は妊婦さんに助かるサービスがあるんです!

 

それは、通販のオイシックスです。

私も利用していますが、実際に使って見て美味しく簡単でした。

有機野菜や減農薬野菜のほかに、肉・魚、加工品まで

幅広く扱っていて総合力があるのがうれしかったです。

 

オイシックスのキャッチフレーズは、

Oisix(オイシックス)は作った人が自分の子供に食べさせるもののみをお届けします。

となっていて、食べても、安全・安心で美味しいので、

買っています。

 

だから皆さんにもOisix(オイシックス)をおすすめします。

このように私はオイシックスをすすめるのは、

特に妊婦さんの大きな応援団のようなのです!

赤ちゃんに安全安心だけでなく、妊婦さんに優しいのです。

 

妊婦さんが選ぶとしたらどれが良いでしょうか?

私は、オイシックスが一番良かったです!

しかも、キット オイシックスは旦那さんが料理してくれました。

つわりで、家事の負担を出来るだけ減らしたい時には

本当に助かりました!

 

安全で安心できる食材にこだわり、

妊婦さんの負担軽減を考えたメニューなど

本当に助かりました。

 

安全・安心で、原材料・原産地にこだわりがある方に支持・信頼されているのが、

食品通販サイト「Oisix(オイシックス)」です。

私も食べてみて本当に美味しかったです。

ほうれんそうなんて今畑から抜いて来たばかりのようでしたよ!

すでに購入している人の評判は非常にいいですね!

確かに、穴あきのキャベツが入っていたりしていますし

虫もついてきちゃったなどと苦情もあるようですが

それが無農薬、有機栽培のあかしと思っています!

どうしてもいやなら、カスタマーサポートまで連絡すれば

きちんと対応してくれます。

いまなら「お試しセット」キャンペーン中↓

「お試しセット」は50%オフのキャンペーン中!

50%オフのキャンペーン中です!

是非この機会に「お試しセット」をお試しください!

2000円の割引中ですよ!

この「お試しセット」の内容がまた凄いですよ!

まず12品目の商品がドドッと入っています!

その1

たった20分で夕飯が出来ちゃう、ミールキットが2人前入っています。

・主菜のジューシーそぼろとビビンバ

・副菜は小ねぎとノリの韓国風スープ

その2

富山県産「あめトマト」

本当に甘くておいしいトマトと評判です!

その3

人気NO1の「たつやのニンジン」

焼くだけで食卓の主役!

その甘さぶっ飛び!です。

子供がはまるおいしさ!

その4

驚きの「塩玉ねぎ!?」

フルーティーでジューシーな初めての玉ねぎ!

これ以外にも魅力の食材がぎっしりです!

※商品は季節により変わることがあります。

事前にお確かめください!

こんなキャンペーンもやっていますよ!

商品に自信があるから、

満足できないお客様には「全額返還」をやっているのですね。

気になったらここからどうぞ↓


 

おすすめの記事